お風呂とゲームが好きです。
ゲーム

ぼくのかんがえたさいきょうのプレイステーションクラシック

こんにちは、スギタです。

『プレイステーション』が発売されてからちょうど24年後の2018年12月3日に、『プレイステーションクラシック』が発売されました。

運良くamazonで予約できたので我が家にも届いたのですが、開封した瞬間「ちっちゃ!」って思いました。

元のサイズより二回り以上も小さくなったので本当に“プレイステーションの赤ちゃん”みたいで可愛いんですよね。

飾ってもよし、デスクに置いても邪魔にならない良いサイズ感です。


でた!あのちょっとブキミな起動音!
中学時代にさんざんプレイしていたので、無条件にワクワクする。

ですが、いざプレイしようと収録タイトルを改めて眺めたところで思っちゃったんですよね。

なんかラインナップ微妙じゃない?

収録タイトルに感じる違和感

実際に日本版に収録されたタイトルは以下の通り。

■RPG
ファイナルファンタジーⅦ インターナショナル / サガ フロンティア / パラサイト・イヴ / ワイルドアームズ / 女神異聞録ペルソナ

■アクション
バイオハザード ディレクターズカット / ARMORED CORE / JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻

■レース
R4 RIDGE RACER TYPE 4

■シミュレーションRPG
アークザラッド / アークザラッドII

■パズル
I.Q Intelligent Qube/XI [sai]/スーパーパズルファイターIIX/ミスタードリラー

■シューティング
Gダライアス / グラディウス外伝

■戦術諜報アクション
メタルギアソリッド

■格闘
鉄拳3 / 闘神伝

ジャンルごとにバランスよく並んでいるように見えますが個人的には「おお、それ入れてくれたか!」っていう作品が少ないんですよね。

もちろん色んなオトナの事情もあっての結果だとは理解しているのですが、なんかモヤモヤする……。

ネットでの評判を調べてみたところ、同じように感じる人もチラホラいるみたいでした。

どの層に向けたラインナップなのか

難しいよね~。

なるべくたくさんの人に買ってもらいたい、ということを考えるとあんまりマニアックなゲームを選びすぎるとライト層を置き去りにしちゃうし、かといってメジャータイトルだけで固めるとなんの面白みもないラインナップになっちゃうし。

全員が納得する最大公約数的なチョイスは不可能なので、いちゲーマーとしての「自分だったらこれを選ぶ」みたいな妄想をたれ流していきたいと思います。王道ど真ん中なものもカルト的人気を集めるものもバランスよく選びました。

ぼくのかんがえたさいきょうのプレステクラシック

パラッパラッパー

プレイステーションにおいてこれが入ってないのって嘘じゃない!?ノリノリで遊べるリズムゲーム。

チョコボの不思議なダンジョン2

ストーリーもシステムも洗練された2をチョイス。ちょっと切ないストーリーも良いです。

RPGツクール3

家庭用のツクールの中でもかなり自由度が高いタイトル。せっかく作った作品データの受け渡しができないのがイタいけど、サンプルゲームの『ゴブリくんの冒険』だけでもプレイしたい。

火星物語

30話構成でお話が進む、少し変わったRPG。もうほとんど忘れてるけど、ストーリーが良かった気がする。久しぶりに実機でプレイしようと思います。

デュープリズム

男女コンビが主人公のアクションRPG。この頃のスクウェアは神がかってたな。

ダブルキャスト

やるドラ第1弾。バッドエンドが怖かった~。

クラッシュ・バンディクー

難易度は高めですぐ死ぬんだけど、ついついやっちゃうんだよな~。またニトロ箱で爆死したい。

ロックマンDASH 鋼の冒険心

これも夢中で遊んだ思い出のゲーム。武器選択の自由度が高くて楽しい。

moon

カルト的な人気が高い作品です。王道RPGを皮肉ったような世界観が独特なんだよね。

せがれいじり

「制作者はクスリをキメてたのかな?」というくらいヘンテコでシュールな内容だけど、癖になるんだよな~。

極上パロディウスだ! DELUXE PACK

『パロディウスだ! 〜神話からお笑いへ〜』と『極上パロディウス 〜過去の栄光を求めて〜』の2本が入ったオトクなタイトル。自機キャラのバラエティも豊かで楽しい。

ゼノギアス

難解なストーリーがたまんない。

ブレイヴフェンサー 武蔵伝

キャラクターが全員憎めないんだよね。フィギュア集めも楽しかった。

電車でGO!

一時期めっちゃ流行ったよね。専用コントローラーは使えないけど、また遊びたいな。

聖剣伝説 レジェンド オブ マナ

作品全体にただよう牧歌的な雰囲気が心地よいです。

ファイナルファンタジータクティクス

シミュレーションゲームとしてあまりにも完成度が高すぎる。暗めのストーリーも好き。

バイオハザード ディレクターズカット / サガ フロンティア / メタルギアソリッド / ファイナルファンタジーVII インターナショナル

この4本は実際に収録されているけど、異議なし。

以上、ぼくのかんがえたさいきょうのプレステクラシックでした。